学生家族はMIUでの生活を楽しんでいます

MIUで勉強するときに家族を連れてきてもいいですか?

将来の国際的なComPro学生は、私たちのユニークなコンピュータサイエンスの修士プログラムに登録するときに家族を連れて行くことができるかどうか私たちによく尋ねます。

答えは「はい」です! MIUのアカデミックプログラムのさまざまな段階でこれを行うにはいくつかの方法があります

1配偶者や子供を最初に登録するときに連れて行きたいという人もいます。 家族は大歓迎ですが、申請者は、自分の費用に加えて、扶養家族のために7800米ドル、子供がいる場合は2200〜2400米ドル(年齢によって異なります)を持っていることを確認する必要があります。 また、キャンパス内に家族向けの宿泊施設がないため、キャンパス外の住居を見つけて支払う必要があります。

プログラムの最初の授業料(資格レベルに応じて4000ドルから7000ドルの間のみ)は、キャンパス内外に関係なく支払われます。 キャンパス内の住居と食事が含まれていない場合、支払い総額(残高はローンでカバーされます)は7400ドル削減されます。 応募者がプログラムに受け入れられたら、入学担当者がこれらすべての詳細を喜んでお手伝いします。

2一部の学生は、最初に一人で来て、キャンパスの近くに良い住宅や学校などを見つけた後、扶養家族や子供のためのF2ビザを申請する方が簡単かもしれません。

3人気のあるもう8つのオプションは、学生がシングルルームの大学の住宅に住んでいる間にキャンパス内のコースの最初の9〜80,000か月を完了し、カリキュラムの実習で働き始めた後、家族を米国に連れて行くことです( CPT)米国企業での全額インターンシップ。 この段階で、彼らは多額の給料を稼いでおり(現在、年間平均95,000ドルからXNUMXドル)、職場で家族が快適に暮らせるようになっています。